MENU

渋谷刺傷事件の自称10代少女は無敵の人だった?法では裁かれないの?

渋谷刺傷事件

痛ましい事件がまたしても起きてしまいました。。。

2022年8月、、渋谷の路上で母娘が通り魔事件に巻き込まれたのです。

今回は、

  • 渋谷刺傷事件の容疑者は10代少女で無敵の人なの?

と言うことについてお届けしていきます!!

痛ましい事件の衝撃の事実がわかったので最後まで見ていってくださいね〜〜。

スポンサーリンク
目次

渋谷刺傷事件の容疑者自称10代少女は無敵の人なの?

結論から言うと、
もし10代というのが本当であれば、
世間で言ういわゆる無敵の人に当てはまってしまうようです。

そもそも無敵の人とは、
社会的に失うものがないために犯罪を起こすことに
なんの躊躇もない人のこと
を指します。

2008年に2ちゃんねる創始者ひろゆきさんが
使い始めて広まったようです。。

10代であれば法に守られており、
素性が明かされることもなく
死刑になることもない。

実際2004年に起きた
佐世保小6女児同級生殺害事件でも
加害者は小6の女の子でした。

同級生の女の子とトラブって
カッターで、、と言う痛ましい事件。

本事件の加害者は現在社会復帰して
普通の生活を送っています。

実際ここ数年でもいじめが原因で
自殺が起きる事件が発生していますが、
加害者は不問というケースも多々あるようですね。。

今回の渋谷刺傷事件の容疑者は、
自称中3の女の子、、、

無差別にターゲットを選んで、
刃渡り8.5cmの刃物で、、、

幸い刺された母娘は無事だったようです。

というか母親の方に取り押さえられたようですね。

咄嗟に娘さんを守ろうとしたのでしょうね、
咄嗟にこのような行動に出られるのは非常に凄いことです。

このような場に出会しても
ほとんどの人が自分のことしか考えられないでしょう。

このような母娘がいる一方
容疑者の動機はなんと
「死刑になりたかった、母親を殺める練習をしたかった」
というのです。。。。

確かに中3というと多感な年齢で
両親のことを鬱陶しく思うことも
あると思います。

しかし、段々と年が経つにつれ忘れていくもの。

よっぽど酷ければ
他に相談するなどできたはずです。

もしかしたら今回の容疑者は誰にも相談できずに
抱え込んでしまったのかもしれませんね。

傷つけることだけが逃げ道でないことを
誰かが教えなければいけなかったんでしょうけど、
なかなか難しいですよね。

今回の容疑者も恐らく
そんなに長い年月経つことなく
社会復帰をするのでしょう。

社会復帰した時にまた何かに絶望したりせずに
誰かに頼ったり、違う逃げ方をしてほしいものです。

まとめ

渋谷刺傷事件の容疑者の自称10代少女は無敵の人に
当てはまってしまうようでした。

無敵の人なんていう概念は世の中から
無くなった方がいいのかなとは思いますが、
なかなか世の中うまくいきませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次