MENU

たこ八郎とあき竹城の関係がわかる感動エピソード3選!涙なしには聞けない衝撃の別れとは?

たこ八郎とあき竹城の関係がわかる感動エピソード3選!涙なしには聞けない衝撃の別れとは?

あしたのジョーのモデルにもなっているたこ八郎さん。

今回は、

  • たこ八郎とあき竹城の関係がわかる感動エピソード3選!
  • 涙なしには聞けない衝撃の別れとは?

についてみていきましょう。

たこ八郎さんとあき竹城さんの意外な関係についてわかってきたので、ぜひ最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク
目次

たこ八郎とあき竹城の関係がわかる感動エピソード3選!

たこ八郎さんといえば、1960年代にはプロボクサーとして活躍し、1980年代にはコメディアンとして活躍されました。

画像1番左の男性がたこ八郎さんです。

女優でバラエティでも活躍していたあき竹城さんとは、男女の仲を超えた関係と噂されるほどだったのは有名ですよね。

この仲の良さが、涙なしには聞けない程だったので、少し見ていきましょう。

今回取り上げるエピソードは、

  • あき竹城はたこ八郎の世話係だった?
  • たこ八郎の突然死によるあき竹城との別れ
  • たこ八郎の死により実現しなかったサイパン旅行

こんな感じ。

あき竹城はたこ八郎の世話係だった?

プロボクサーから芸能界に入ってきたたこ八郎さんは、右も左もわからない状態だった時にあき竹城さんに出会ったそうです。



こちら若い頃のあき竹城さんです。

あき竹城さんは元々セクシーダンサーで、セクシーダンサーを辞めて芸能界に入ってきたんですよね。

芸能界に入ってきたタイミングでたこ八郎さんと出会い、家に泊めてあげたこともあるんだとか。

たこ八郎さんは、パンチドランカーと呼ばれるパンチを受けすぎて障害を患ってしまう病を持っていました。

たこ八郎さんは、物覚えの悪さやおねしょなどの症状があったそう。

あき竹城さんは、自分の家に度々たこ八郎さんを止めることがあったそうですが、おねしょをしてしまってもその後の関係は続いたようですね。

友達を家に泊めておねしょされようもんなら、普通の人は怒ってしまいそうですけど、、、

あき竹城さんはかなり心が広いことがわかります。

このエピソードを聞くとあき竹城さんは、たこ八郎さんのお世話係のように思えますが

たこ八郎さんとは、母と子のような関係だったとあき竹城さんは語っていたそうですよ!

まああき竹城さんはたこ八郎さんより7つ年下なのですが、母性と器のデカさが昔からあったようです。

たこ八郎の突然死によるあき竹城との別れ

男女の仲を超えた、母と子のような仲だったあき竹城さんとたこ八郎さんですが、、、

突如別れが訪れます。

たこ八郎さんが、なんと急死してしまうのです。

死因は心臓麻痺。。。

お酒を飲んだ状態で海で泳いではいけないとは良く言いますが、たこ八郎さん、、、やってしまったんです。

ある日仲間と海に出かけたたこ八郎さん。

その日は朝まで酒をかっくらい、海に向かう道中でもお酒を飲んでいたんだとか。

その後なんと海で泳いでしまい、心臓麻痺を起こし帰らぬ人に。。。

普段から飲酒量が多く、体の調子をあき竹城さんは心配していたと言います。

もっと強く飲酒を止めていればと、あき竹城さんは悔やんだことでしょう。

たこ八郎の死により実現しなかったサイパン旅行

たこ八郎さんが亡くなる前に、あき竹城さんとサイパン旅行に出掛けていたそうです。

毎日ビーチでのんびりライフを過ごし旅行を満喫した、たこ八郎さん。

全身がパンパンになるくらい焼けてしまい、またあき竹城さんを心配させることに。

この頃はたこ八郎さんはコメディアンとして成功しており、休む間もない中お酒の量もどんどん多くなっていったみたいです。

あき竹城さんは、たこ八郎さんを気遣って次回のサイパン旅行も企画されていたそうですが、双方仕事が忙しく結局実現せず。

そんなこんなで、たこ八郎さんが亡くなり旅行の計画は消え。。。

あき竹城さんは、なぜ無理をしてでもたこ八郎さんとの旅行を優先させなかったのかと激しく後悔したそうです。

しばらくたこ八郎さんのお墓参りに行けないほど後悔をしていたみたい。

あき竹城さんとたこ八郎さんの中がどれほどのものだったかわかりますね。。

スポンサーリンク

まとめ

たこ八郎とあき竹城の関係がわかる感動エピソードは、

  • あき竹城はたこ八郎の世話係だった?
  • たこ八郎の突然死によるあき竹城との別れ
  • たこ八郎の死により実現しなかったサイパン旅行

こんな感じ。

あき竹城さんとたこ八郎さん、、会えたかな。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次