MENU

人間ドックを受けてきたので一部始終語ろうと思う、結論20代も受けましょう!

人間ドックってなんか聞いたことあるけど
正直20代だしまだいいんじゃないの??

と俺も思っていました

ただ会社でも推奨されているし
受けてみるかなあと思い
受けてみました!

結果、、、20代でも受けましょう!

今回は

・人間ドックって若い人も受けたほうがいいの??
・人間ドックってどんな流れなの
・胃カメラって痛くないの?

というあなたのモヤモヤを解消していきます〜〜

スポンサーリンク
目次

人間ドックってなに??

そもそも人間ドックとは??

人間ドックとは簡単にいうと
すっごい精密な検査をしてくれる
健康診断です

普通の会社の健康診断は
身体測定、血液検査、問診くらいなもんですが
人間ドックだと上記に加えて
エコー検査や内視鏡検査、
検便など検査項目が多くなり
検査時間は半日から2日とか
かかる場合もありますね

俺が受けた亀田京橋病院は
下記のような検査項目でした!

検査項目が事細かなので
健康診断では発見できない
がんなどの重大な病気を発見することができます

先日俺の恩師が若くしてがんで亡くなりました

人間ドックを受けて早期発見できれば
完治できていたかもしれない、、

若いうちから死に至る病気に
かかる可能性はあるのだとゾッとしました

だから人間ドックは20代でも
受けるべきだと俺は思います

人間ドックに申し込んでから結果受領までの流れ

人間ドックの流れは大まかに以下です

1.人間ドックを申し込む病院を決める
2.申し込む
3.書類が届く
4.検便、検尿、必要書類の記入
5.前日は要注意
6.受診する
7.検診結果送付されてくる

簡単にいうと申し込んで事前準備して
受けにいくだけ

一個ずつ説明していきますねええ

人間ドックを申し込む病院を決める

まずは申し込む病院を決めましょう

俺は会社の福利厚生で申し込む病院がある程度
絞られていました

距離的なことと内装が綺麗だったので
亀田京橋病院に決めましたよ

http://www.kameda-kyobashi.com

(正直胃カメラが怖かったので
電話してどんな感じか確認したのは秘密、、)

申し込む

一般的には電話やネットでの予約が可能です!

空き日程が絞られてくるので
早めに申し込みしましょう!

書類が届く

人間ドックの日程が近くなると
書類が送付されてきます

け、結構多い、、、

検便、検尿、必要書類の記入

検便は人間ドックの日と前日

検尿は当日に

必要書類は問診票や
同意書などまあまああるので
1週間前くらいに書き始めると
いいかもしれないっすね

前日、当日は要注意

前日は夕食を食べすぎないように注意

あとは筋トレはしちゃだめ
数値がおかしく出るからね

あとは朝早いから夜更かし厳禁!

受診する

事前準備が終わればあとは
病院に行って受診するだけ

上記を一つづつ受けていくだけ
(今回俺が受けた標準コースの場合は)

着替えも用意してくれてトイレもめっちゃ綺麗!!

案内された通りに受診していき
最後が胃カメラ

喉に効く局所麻酔を飲んで
胃カメラを口から通していきます

個人差ありますが
俺は全く痛みを感じず
違和感もなく
あれ?胃カメラ腹の中に入ってたの
と思うくらいっすね

その後受診結果を医師から
手短に受けられるのですが

これが結構待つ、、、
3,40分待ちましたね

まあ麻酔が切れるまでの一時間、
昼食はとらないでとのことなので
俺は待ちましたw

んで医師のお姉さんが
特に問題ないと言うことを
さまざまな数値を例にして
説明してくれました!!

医師の説明を聞いたら
後日詳細結果送付されることを
説明されておしまい!!

昼食付きだったので
昼食券をもらってレストランへ

俺が行った亀田京橋病院は
和洋中から選べて俺は中華を選びましたよ

うーん景色も綺麗

麻婆豆腐がうますぎましたw

検診結果送付されてくる

検診結果の送付は約1ヶ月後

忘れた頃にやってきます

結果内容は上記のような感じ!

特に異常はなくってホッとしました、、、

人間ドックの前後で
めちゃくちゃ背中が痛かったのですが
内臓系でなく筋肉の痛みだったよう

内臓系の悪さが背中の痛みとして出てくると
動いても動かなくても痛むそう

動かして痛むようなら
筋肉とか骨の痛みだそうな、、、

人間ドックは機会があるなら20代も受けるべき

俺は会社の福利厚生で受けられたけど
普通に受けると5,6万とまあまあお高い

でも健康の安心をお金で買うと思えば
全然安いんじゃないかなあ

だって死んじゃったら
貯めてるお金とか全部パーだしねえ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次